banner

合同会社の手続き方法

合同会社設立の手続きは至って簡単


一人だけで働く会社を設立したいと思ったときには、合同会社設立は適したものだと考えられます。設立するための手続き自体は非常に簡単ですから、時間をかけたくないという人にとっても適していると言えるでしょう。行わなければならない事としては、まず会社の基本事項の設定が必要です。商号や本店所在地、事業目的など、基本的なものを決める事は必要となってきます。それに基づいて定款を作成します。定款と言っても、特殊な会社でなければテンプレートを参考にすることもできますから、それほど難しいものではありません。

そして、登記するための書類を作成し、法務局で登記をすれば、この時点で合同会社設立はできます。その後にすることと言えば開業届など、核種の届出を行えば良いのです。これだけのことですから、手続きだけを考えれば1週間もあれば可能です。

合同会社設立は簡単にできるとは言っても、色々なことに注意しておかないと、実務が行えなくなる可能性はあると言えるでしょう。例えば、認可の必要な事業を行おうと思ったときには、一定の要件を満たしていることが必要とされます。資本金の規制がある場合もありますし、事業目的が適していなければならないこともあります。認可を得るのは、合同会社設立の後になりますから、そのときになって定款に問題があったということに気付くと、手続きにまた時間がかかってしまいます。そうならないように、先に確認しておくことは必要でしょう。

特に注意しておかなければならないのが資本金です。株式会社ではなくて合同会社を選んだ人の多くは、費用が安いことを理由に挙げるようです。資本金についても最低金額が定められているわけではありませんから、費用を抑えるのには適していると言えるでしょう。しかし、あまりにも資本金が安いと信用を得ることができなくなる場合もあります。取引先から信用を得られなくなると取引をしてくれなくなる可能性もあるのです。ですから、数百万円くらいの資本期には準備しておかなければなりません。

一人だけで全てを決定して仕事をする場合には、合同会社設立をするリスクはそれほど大きくはありませんが、例えば複数の出資者がいる場合には、株式会社のほうが良い場合もあります。合同会社では、社員は平等に権利を持っていますから、意思決定が遅くなる可能性があります。最初から規模の大きい会社を設立しようと思うのであれば、株式会社を選択したほうが良い場合も多いでしょう。

Copyright(c) 2014 合同会社の手続きは簡単です。All Rights Reserved.