banner

必要な印鑑証明の取得手順

合同会社設立に必要な印鑑証明書を取得するには


合同会社設立をするときには印鑑証明書が必要となります。合同会社設立だけを考えれば、つまり登記申請のことだけを考えれば必要はありませんから、必要ないと言われることもありますが、実際には必要となってきます。設立をするときには、法人としての印鑑を登録することが必要となります。法人としての印鑑を届ける際に、代表社員となる人の印鑑証明書を添付することが必要とされるからです。

また、社員になる人は、定款に住所や氏名を委細する事が必要となりますが、このときには実印を押すのが普通です。実印を押すときには、それが本人の実印であることを証明するために、印鑑証明書が必要となってくるのです。そのために、定款に名前を記載する社員については、全員必要になると考えておきましょう。ですから、結局のところは、社員は全員必要になると考えておかなければならないのです。

色々な取引をしている人なら、すでに実印は持っている事が多いでしょう。しかし、そうではない人もいます。ですから、実印を準備しなければならないのですが、そのためには何をすれば良いのでしょうか。実印として販売されている印鑑を購入すれば良いというものではありません。

実印というのは、役所に届け出た印鑑のことを指します。役所で、この印鑑は本人のものだということを証明してもらうために、印鑑を登録することになります。これが印鑑登録という手続きです。印鑑登録は市区町村の役所で行うことができます。ですから、この登録の手続きを行わなければならないのですが、印鑑の様式が決まっています。この様式に沿ったものが、販売されている実印用の印鑑です。

ですから、合同会社設立をするときに社員となる人は、まず実印用として販売されている印鑑を購入する事が必要です。そして、それを持って役所へ行き、印鑑登録の手続きを行う事が必要となります。本人が役所へ行くのが良いのですが、委任状があれば代理人が手続きを行うこともできます。まずこの手続きをしなければならないのです。

合同会社設立をするときに、社員となるのが一人であれば、その人が一人で全ての手続きを行えば良いのですが、副数人いる場合には全員がこの手続きを行わなければなりません。ですから、社員になる人に対して、印鑑登録をしているかどうかを確認する事は必要となってきます。もしも印鑑登録をしていない人がいれば、早めに手続きをしてもらうべきでしょう。

Copyright(c) 2014 合同会社の手続きは簡単です。All Rights Reserved.